映画「FINAL FANTASY XIV 光のお父さん」

「FINAL FANTASY XIV 光のお父さん劇場版」パンフレット

 今は休止中なのですが、以前このゲームをプレイしていました。FF14、オンラインゲームです。
 はじめたきっかけはこの映画の原作者であるマイディーさんのブログ、一撃確殺SS日記でした。面白いオンラインゲームはないかとネット検索をしていた時、偶然辿り着いたブログです。その時は今ほど有名ではなかったと思いますが、それでもコメント欄が多くの人で賑わっていたのが印象的でした。(現在コメント欄は閉鎖されています)
 書籍化・ドラマ化・映画化と一大プロジェクトになった「光のお父さん計画」も当時はまだ影も形もありませんでしたが、私は足繁くこのブログに通いました。自分が知るかぎり、オンラインゲームについてもっともポジティブに語っているブログだったからです。あと、プラモの趣味が似てたのでゲームの好みも似てるかもしれないと思って(笑)私はFF14をはじめました。

最初に作ったキャラ

 わからない人にはさっぱりわからない話で恐縮ですが、私がプレイをはじめたのはちょうど蒼天のイシュガルドが発表されたかどうかという時期だったと思います。今でこそ初心者の導線がしっかり確保されていますが、当時は初心者の館もなかったのでFF14どころかオンラインゲーム初心者の私にとって見ず知らずの誰かと組まざるを得ないインスタンスダンジョンは恐怖の象徴でしかありませんでした。
 一応予習はしていったのですが、なにしろ私はパーティを組むのがその時はじめてでした。一人でフィールドのモンスターを狩るのとは訳が違います。加えてジョブがヒーラー。ロールの概念もよく理解していないのにヒーラー。この時点でだいぶ詰んでいます。

途中でイメチェンしました(右)

 ダンジョン攻略がはじまってから一番焦ったのは、仲間にカーソルを合わせる方法がわからなかったことです。回復しなければいけないタイミングはわかるのに、ターゲット選択の仕方がわからない。今までずっと一人でプレイしていて、目の前の敵を倒すだけで良かったのでターゲットを味方に移す必要がなかったのです。
 ここでオフラインゲームなら一旦ポーズをかけて操作方法を確認するところですが、パーティを組んでいる人はAIではなくどこかの誰か、人間です。待ってくださいと言う間もなく、私はタンクさんを落として(※この場合、回復役が盾役を死なせてしまうこと)しまいました。タンクさんは抜けて、私を含む3人がダンジョンにとり残されました。その時の申し訳なさ、悔しい気持ちは今でも強く覚えています。
 これは別に嫌な思い出というわけではありません。残ってくれたDPS(※攻撃役)さん二人がとても親切な方たちで、私の動きから操作方法がわからないことを察してくれたのかパーティを組んだ時の操作についてとても丁寧に教えてくれたのです。タンクさんが抜けてしまったので先に進むことは出来ず、代わりのタンクさんが来るのをのんびり待ちながらお二人はいろいろなお話をしてくれました。そのおかげで代わりのタンクさんが来てからは一度も落とすことなく、初ダンジョンを無事クリアすることが出来ました。
 ボスを倒した時「ちゃんと出来てたよ、やったね!」と言ってもらえて、本当に嬉しかったです。残念だったのがエモートのやり方がわからなくてちゃんと返せなかったこと。もっときちんとお礼の言葉を伝えたかったのに、と今でもそれだけは心残りです。

釣り好きでした

 私は幸い失敗してしまってもフォローしてくれるパーティメンバーに恵まれたので、その後も楽しく遊んでいました。いろんな人と出会い、友だちになりました。元々は一人プレイのオフラインゲームが好きなので気になる新作が来るとオンラインゲームの方は後回しにしがちで、結局徐々にログインする時間が減り、蒼天のイシュガルドをクリアしないまま今に至ります。紅蓮のリベレーターも買って積んである状態です。

一度だけミコッテに戻りました(右)

 ……とまあ、だいぶ前にやめてしまってはいるのですがFF14もマイディーさんのブログも、私にとっては思い出深いコンテンツです。光のお父さん計画も連載開始当初からずっと見ていたので、凄いことになったなあと感慨深いものがあります。

 そろそろ映画の話に戻ります。
 ドラマ版もそうですが、ブログ記事をそのまま映像化するわけにはいかないので当然メディアに合わせた脚色がされています。映画版は脚色の塩梅がドラマ版から更に洗練された印象でした。

 たとえば、映画版の家族構成は父母と息子と娘の4人家族ですが、原作ではマイディーさんに妹さんはいません。隠し妹がいるかもしれないですが、少なくとも公にはなっていません(笑)
 ですがこの妹の存在が物語的にとても良い。作中で父と娘が喧嘩をする場面があり、最初こそ意固地になっているふうなお父さんですが、FF14内で友だち(=正体を隠した息子)からアドバイスを受けて娘に歩み寄ろうとします。この”ゲーム外でのお父さんの成長”が見られるのが、映画版の大きな魅力の一つだと思います。

 ラスト周辺、ツインタニア(この作品における”表ラスボス”)に挑もうとなってからの展開も、原作やドラマ版とは異なります。よりドラマチックな演出になっていて、ゲーム内で息子が父親に正体を明かすまでの流れがより自然になっているというか……自然といったら原作ブログが間違いなくいちばん”自然”なはずなので変な言い方になるんですけど、物語として見たときに良い流れだと思いました。

家族といっしょにプレイしていたこともあります

 思いっきりネタバレしますが、最後は”裏ラスボス”も無事に倒してもちろんハッピーエンドです。エンドクレジットまでしっかりFFで、スタッフロール中に流れる主題歌もFF14プレイヤーであるGLAYのTERUさんが歌っています。
 私は音楽が基本的に苦手なのでエンドクレジットはともかくスタッフロール中はわりとダレてしまうんですが、今作は最後の最後、映画館が明るくなるまで心の底から楽しめました。良い歌だと思いますし、スタッフロールを読むのも面白かった。役者さん以外に知っている名前がたくさんあると楽しいですね。

 FF14から離れて久しいですし、ドラマ版も見たので話の流れはわかっていますし、最初は映画館に行ってまで観るつもりはありませんでした。
 今は観に行ってよかったと思っています。面白かった!

 FF14に復帰したい気持ちはあれど、月額制なのでまとまった時間が取れないのがネックになってどうしても腰が重くなってしまうんですよね。時間制プランがあればなあとずっと思っていたのですが……この映画を見て気付きました。そんな時のネカフェ!
 欲をいえば、やっぱりゲームは自分の空間でやりたいですけどねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA